So-net無料ブログ作成

不思議な飛行機 FanWing [ネタ紹介]

仕事が1件だけ一段落着きました。
でも2件ほど残っていますし、確定申告も済ませなくてはいけません。(まだやってねーのか!怒)

という状態なので今回も他人様のネタを紹介してブログ更新です。

FanWing
ファンウイング (FanWing) というそうです。

詳しくはこちら→ http://www.fanwing.com/
ラジコン操縦の試験機飛行を紹介した YouTube ムービーも載っています。

主翼に見えるスダレは、エアコンによく使われるクロスフロー・ファンという気流ファンで、なんだかエアコンを背負っているようにも見えます。とても飛びそうにない形状ですが、その技術的背景が http://www.fanwing.com/desc.htm (英文)にて紹介されています。

特長はファンの気流で揚力を発生するので STOL/VTOL (垂直離着陸) が可能なこと。ただ飛行機やヘリコプターと違って、モーターが止まったら即墜落なので、実用化されるとしてもUAV (無人機) が無難なところでしょう。

そもそも垂直離着陸だけならヘリコプターで十分実用化していますが、FanWing の大きな特長はその出力効率だと思われます。現状、モーター軸出力1Wあたり 35g の揚力を発生できるそうで、100馬力の軸出力で 2.6t の揚力を発生できる換算です。

例えて言うと、ホンダ・フィット1.3リットルのエンジン(100hp)でレクサス LS600h(2.6t)が宙に浮く、という塩梅ですな。びっくりです。

誰もが知っている小型飛行機「セスナ172」は、エンジン最大軸出力160馬力+最大離陸重量1t強。小型ヘリ「ロビンソン R22」は 124馬力+最大離陸重量約620Kg。FanWing は、これらのレシプロ航空機より小さな出力で、ずっと重い機体を持ち上げることができる計算になります。

世の中にはいろいろな飛行原理があるものです。


タグ:変わり種
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 1

ガンボバ

不思議な浮き方をする飛行機?ですねぇ
小さいものかと思っていたら結構な大きさでした


by ガンボバ (2010-03-06 05:50) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。